その日、目の前に広がるのは北村の一日 


景福宮と昌徳宮の間。

長い軒がほほえみ、

日差しが木々を包み込む韓屋に向かいましょう。


ぎっしり詰まった瓦屋根の向こうに、

南山が見渡せます。


穏やかな木でできた空間で

昼にはお茶を楽しみ、

夜には星を探しましょう。


ここで過ごす時間は

すべてが北村になります。

자명서실 紫茗書室


時を経ても変わらぬもの。

それは、人と人が心を通わせ

向かい合い、ぬくもりを分かち合うこと。


気品漂う韓屋空間「紫茗書室」に

600年都市ソウルの息吹が甦り、

あなたの時間に溶け込みます。


紫茗書室 by lacasa hotel

ⓒ 2005 lacasa hotel

紫茗書室:03052 ソウル市鍾路区北村路11ラキル11

lacasa hotel Seoul:06027 ソウル市江南区島山大路1キル83

電話番号 : +82-2-6711-9000

事業者登録番号:211-88-84175 代表 キム・テギョン

通信販売番号 : 2013-ソウル江南-00426